【西尾市の注文住宅】住宅性能C値について・・・

【西尾市の注文住宅】住宅性能C値について・・・

こんばんは。鈴木です。

ここ最近は寒さも厳しくなり、朝の冷え込みは一桁を記録するなど

本格的に冬が近づいてきましたね。

体調管理をしっかりと行い、風邪を引かないようにしましょう。

今回は住宅性能のC値についてお話したいと思います。

皆様は住宅総合展示場や完成見学会などに行かれた際に

【C値】という言葉を聞かれたことはありますか?

このC値というのは住宅の気密性能を表す数値になります。

その家の大きさ(面積)に対して、どの程度の面積のすき間があるのかを表した数値になります。

なので、この数字が小さければ小さいほど気密性の高い住宅になります。

ではなぜ気密性の高いお家が必要なのか・・・

古い建物だとよくすき間風が入ってきて、冬場ですと

そのすき間風が寒くて仕方ないといった経験はないでしょうか?

僕はその経験者です・・・

実家の部屋はドアのすき間風ではなく明らかに壁からのすき間風を感じます。

アパート住まいの方もすき間風が入ってきて寒いなーと思った経験はないでしょうか?

なのですき間風が入ってくるのが普通なのかな。とか

それほどすき間が空いていることに不便だなと感じていない人も多いかと思います。

むしろ、すき間を無くすと息苦しくなるのではないかな?と

疑問もあるかと思いますが、、、、

ではなんのために気密性能があるのか

答えは「換気をしっかり効率よく行うために必要」

家の中では24時間の換気システムの導入が義務付けられています。

窓を開けなくても家の中の空気が常に入れ替わっている状況を作るためですが

単に換気システムが動いているだけでは上手く換気ができない場合があります。

もし仮に余分なすき間のないお家であればきれいな空気が抜ける場所がないので

上手く換気することが可能になります。

そこら中に余分なすき間空いているお家はどうでしょうか??

空気の逃げ道がたくさんあるので、空気が色んな所から抜けていきます。

画像1.png

上の図の真ん中をご覧いただくと、違いがよく分かります。

たった、C値1.5の差で空気の流れが変わっていきます。

上の図にもあるように、換気システムをうまく効率よく回すのはもちろんですが

省エネルギーであること。

高気密住宅にすることで室内、室外の空気が分断することができ

冷暖房の効きがよくなることで光熱費の削減につながります

ただこの気密性能を表す「C値」ですが

そもそそどのようにして出すことができるのか?

それは一つひとつのお家で気密測定をしてもらうことで出すことができます。

画像2.png

上の図のように機械を取りつけ、家の中の空気を抜いて

家の中と外で圧力の差を付けます。

そしてその時の圧力の差と通風の差で家の中にどれだけすき間があいているか測定します。

しかし、この気密測定やっている会社とやっていない会社があります。

なぜか??この気密測定は義務ではないからです。

なのでこれから住宅会社を決断する、これからまわろうと思う住宅会社には

この気密測定をやっているのか、やっていないのか確認することをおすすめします。

もし、やっている住宅会社があればC値は幾つですか??と聞いてみてください。

もし、0.5~1.0の間ですねーと言われたらその住宅会社は気密性能が良いと判断できます。

C値1.0以下ですと上記にもあるように、

換気や冷暖房を効率よく光熱費を抑えながら生活していただくことができるからです。

これから住宅を検討していく皆様はこの「C値」はとても大事なキーワードになってくるので

是非覚えていただけると今後のお家作りにお役に立てるかと思います。

ちなみに我々リキューが標準としている「C値」は

0.4以下になります。かなり気密性能が良いお家になっています。

この気密性能高いお家を体感できるモデルハウスもあります。

西尾モデルハウス

ご予約のうえご来場お待ちしております。

また12月18日(土)、12月19日(日)には完成見学会を開催いたします。

完成見学会

こちらもご予約のうえご来場お待ちしております。